無利息カードローンを利用しました

無利息カードローンを利用しました

給料日前に、銀行の預金残高がカツカツだったのでなんとか給料日までの
生活費を持たせたいと思ってカードローンを利用してみることにしたのです。

 

カードローンを利用するのに、あまり抵抗はなくテレビCMでも人気タレントを起用されていることもあり特段にためらうことはなかったです。

 

どの会社で申込みをしようかと悩んだのですが、どうせ給料が入ったらすぐに返す予定でしたので
無利息期間のあるカードローン会社で申込みをすることを決めたのです。

 

消費者金融で無利息期間を取り扱っているところは大手で2社程度しかなく、
知らない聞いたこともないようなところでは申込みをしたくなかったので大手で申込みをすることにしたのです。

 

申し込みはインターネットからしています。来店することが基本的に面倒であったこともあるのですが、
手続きもインターネットのほうが楽そうでしたのでそうしたのです。

 

申し込みをすると1時間程度で確認の電話が入って審査完了して後はインターネットで契約手続きをして、契約完了です。

 

その日のうちに銀行振り込みで融資が受けることができて、給料日前の生活費の足しにすることができたので非常に助かっています。
また、インターネット返済ができるのみ便利です。

学生でも問題なくカードローンの申請が出来る

カードローンの魅力は、学生であっても容易に申請が出来る点にあります。

 

カードローンの種類は一般的に二つあるため、どちらを利用するかは申請をする前にきちんと考えておかなくてはいけません。
まず、一つ目は銀行が率先して提供しているカードローンです。

 

このサービスの良い点は、クレジットカードという形でサービスを利用することが可能な点です。

 

クレジットカードの中には学生専門のカードのサービスもありますが、
実際に学生専用のサービスを利用するとその枠内で自由にお金を引き出すことが出来るようになります。

 

普通のカードと同じでショッピング枠とキャッシング枠が付いているため、学費の足しにも出来るのです。

 

銀行キャッシングのランキングサイトはこちら

 

そして、もう一つの銀行系カードローンのサービスは消費者金融という貸金業者が提供しているサービスです。
貸金業の魅力は、学生専用の消費者金融が存在することです。

 

審査が銀行のそれより簡単で学生専用ということもあって小さな金利でお金を借りることが可能です。

 

銀行でお金を借りることが出来なくても貸金業のサービスだと容易にお金を借りることが出来るので、
どうしてもお金を用意しなくてはいけないときはこちらのサービスが非常に重宝します。

 

どちらも使いやすいカードローンに違いありませんので、使うときには事前に良く検討しましょう。

月末の生活費の不足をカードローンで便利に補っています

一人暮らしをしていた頃は自分の給与の範囲内で何とかやってきましたが、
結婚して子供ができると途端に窮屈な生活に突入してしまいました。

 

生活費や家賃のみならず、子供の衣服や保育園の費用など様々なところで出費が生まれ、
大切な支払いなどにも定期預金を切り崩して臨まなければならないほどに。

 

こうした現状を打破する道がないものか妻と考えてみたのですが、そこで思いついたのが消費者金融のカードローンです。

 

カードローンを使えば一度のみならず、自分の経済力やお金の不足などにあわせて必要な時に必要なだけ融資金を得ることができます。
これならば月末の給料日前に限られた生活費の中でのやりくりを余儀なくされることもありません。

 

このようにして借り入れたお金はボーナス時に多めに返済することを心掛け、
このようにしてうまく収入と出費のバランスが取れるようになってきました。

 

また、カードローンは家の近所にあるコンビニとの提携も行っているため、翌日にお金が必要になった時などに夜中や朝方にサッと立ち寄って借り入れを行うことも可能なので、仕事の取引先などとの大事な飲み会の費用を捻出しなければならない時などでも大きな助けとなってくれています。

 

このままのペースで子供が大きくなるまで父として、夫として頑張っていきたいと思います。