銀行系消費者金融のメリット・デメリット

クレジットカードが止まったので銀行系消費者金融を利用した(男性/20代)の体験談

クレジットカードは私にとって必要不可欠な物です。それなのに最近クレジットカードが止まってしまって、とても困りました。なんでも購入をする時は、現金を持ち歩かずクレジットカードを使用しているので使う事ができないという事がとても困りました。

 

使いすぎで返済をする事が出来ていないというのが原因なのですが、それでもカードを使用する事ができる方法はないかとさがしている時に銀行系の消費者金融を利用する事ができるという事を知りました。こちらのローン会社は銀行系の消費者金融なのですが、銀行系という事もあり安心をして利用する事ができました。

 

カードを使用する事ができなくてとても困っていたので、使用する事ができてとても助かりました。審査もとても簡単ですぐにカードを作る事ができて驚きました。今まで使用をした事がなかったので不安はありましたが、安心をして使用する事ができるのでとても満足をしています。返済も計画的にしていこうと思っています。

よくある質問

返済時に手数料はどのくらいかかりますか?
銀行系も消費者金融も、返済の方法によって手数料がかかることがあります。銀行口座から自動引き落としにしている場合、手数料がかからないことが多いですが、銀行口座へ振り込みを行う場合には振込み手数料が発生します。また、ATMを利用して返済を行う場合、例えば銀行系であればその銀行のATMを使うなど、自社のATMであれば無料になることが多いです。しかし、時間帯や他社の提携ATMを利用して返済を行う場合には100円から200円程度の手数料が発生することがあります。

 

いくらまで借入できますか?
どこから借りるかによって借入限度額に違いがあります。消費者金融を利用する場合、貸金業法の総量規制の制限があるため、年収の3分の1までしか借入できません。銀行系の場合、貸金業法ではなく銀行法で運営されているため総量規制の対象外となり、年収の3分の1を超える高額の借入を行えます。ただし、銀行系でも利用者が返済できると見込める金額までしか融資しません。そのため、融資可能な最大額まで借入するには相応の年収が必要です。

 

利用限度額が減ることはありますか?
銀行系でも消費者金融でも、利用限度額が減ることはあります。減る要因として、自分から引き下げの申請を行う、返済の遅延を起こして信用を失う、他社の利用が多すぎて警戒される、限度額引き上げの審査に落ちるなどがあります。また、収入も影響します。総量規制の対象である消費者金融だけでなく、銀行系でも収入の影響が全くないわけではなく、失業や転職などで収入が大きく減少している場合、登録情報の更新を行う際にそれに合う限度額に下げられることがあります。