こんな種類もある銀行系ローンカード

こんな種類もある銀行系ローンカード

銀行系ローンカードは都市銀行や地方銀行、信用金庫などの金融機関が提供し、
銀行や提携金融機関のATMや全国の最寄りのコンビニATMでも、カードで気軽に借りられる商品です。

 

審査を受けて予め設定された利用限度額の範囲内であれば、いくらでも何度でも借入れが可能です。

 

1,000円単位または10,000円単位で借入れができるので、必要額だけを借りれば、利息負担も抑えられます。
最もメジャーなローンカードは資金使途自由のタイプです。

 

事業性資金や投資性資金を除き、目的を問わず借りられ、旅行資金や買い物、
冠婚葬祭費用や医療費、外食費や生活費まで、どんなニーズにも利用できます。

 

一方、銀行や地方銀行、信用金庫ではビジネス向けのローンカードが用意されているところもあります。

 

自営業者などの個人事業主や、一定規模以下の法人経営者向けのカードでこちらは事業資金の借入れに使うことができます。
一般的な事業資金融資では、その都度、経営計画書などを策定して必要な金額だけを借りなければいけません。

 

ですが、ビジネスローンカードなら、個人所得や法人所得などの額や希望に応じて利用枠が決められ、その範囲であれば自由に借入が可能です。

 

仕入れや事業拡大のための運転資金や、買掛金の返済などにも充てられます。
また、最近では地方銀行や信用金庫を中心に教育資金向けのローンカードも登場しています。

 

従来型の教育ローンでは、入学費用や学費、塾の費用や留学資金などを目的にして借入れができますが、一括での貸付となっています。

 

そのため、少し先に予定している教育費についても利息がついてしまうので、
申し込み時点で必要な金額だけしか借りられず、後で再び資金の工面が必要になります。

 

ですが、教育ローンカードなら一定の利用枠の範囲内で自由に借りられ、借りた分だけに利息が発生するので便利です。